下の前歯や下顎が前方に出ている状態が下顎前突(受け口)と呼ばれる歯並びです。正常な噛み合わせとは逆に下顎が出た状態となるため、反対咬合とも言われています。

目次

  • 受け口の原因
  • 受け口の基本的な治療法
  • 受け口の小児矯正症例①
  • 受け口の小児矯正症例②
  • 町田市で受け口・下顎前突でお悩みなら

受け口の原因

遺伝の影響

親族に下顎前突(受け口)の方がいる場合は、下顎が大きい・上顎が小さいなどの骨格的な遺伝が原因で本人もなりやすい傾向があります。

歯の傾斜

顎骨の位置が正常であっても、上の前歯が内側に傾いていたり、下の前歯が前側に傾いていたりすると下顎前突(受け口)になる場合があります。

幼少期の悪癖・悪習慣

指しゃぶりや口呼吸をはじめ、下顎を前に突き出したり、舌で下顎の前歯を押したりするなどの成長期の悪癖・悪習慣が原因で下顎前突(受け口)になりやすくなります。

受け口の基本的な治療法

上顎前歯・下顎前歯の傾斜や位置が問題で生じている歯槽性反対咬合の場合は、通常の矯正治療で歯の傾斜や位置を適切な状態・位置へと正し、歯並びと咬み合わせを改善します。

下顎が大きく前方に出ているなど、骨格の位置が問題で生じている骨格性反対咬合の場合には、通常の矯正治療だけでは改善が困難なため、外科処置を伴うことになります。

インプラント矯正を行えるケースなら、上記のような大掛かりな手術の必要のないこともあります。

受け口 小児矯正症例①

受け口治療症例 抜歯なし

受け口治療症例

10代の女児です。前歯が反対に噛んでいることを気にされて来院されました。取り外しの聞く装置を使い、上の前歯を前方に移動させ、永久歯への交換を見守りました。現在は成長を見守り、今後成長のピークが来るため、定期的に半年ごとに様子を確認させていただいています。

 

年齢・性別 10代女児
治療期間 7ヶ月
抜歯の有無 永久歯の抜歯はなし
治療費 385,000円(税込)
備考 経過観察中
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

受け口 小児矯正症例②

受け口治療症例 抜歯なし

反対咬合(受け口)症例10代

小学生の男の子です。ご両親が気にされてご来院されました。
ま上の前歯の位置に不正咬合があり、顎を前に出して噛む癖がついており、癖を治さなくては受け口が改善しないため、早期の治療をおすすめしました。上顎に固定の装置を接着してワイヤーを用いる治療を行いました。
右上の前歯を前に出す治療により無事に第Ⅰ期治療を終了し現在は経過観察を続けています。中学3年生の現在、噛み合わせ・歯並び共に問題なく成長されています。

 

年齢・性別 10代男児
治療期間 1年2ヶ月
抜歯の有無 永久歯の抜歯はなし
治療費 385,000円(税込)
備考 骨格下顎前突
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

町田市で受け口・下顎前突でお悩みなら

ふなき矯正歯科 町田クリニックでは、矯正担当医が受け口(下顎前突)の矯正治療を実施いたします。当院では、患者さまが理解を深め、矯正治療に専念していただけるよう、矯正無料相談やセカンドオピニオンを実施しております。

外科処置が必要な難しいケースの場合でも、矯正歯科認定医が検査から治療まで一貫してご対応いたします。

患者さまに適した装置をはじめ、費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので、町田市、町田駅周辺で受け口(下顎前突)の矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。