すきっ歯は(歯列空隙)歯と歯の間に隙間がある歯列のことを指します。歯と歯の間に食べ物が挟まりやすいため、虫歯や歯周病になりやすく、さらに、審美性の低下や発音障害などさまざまな問題が懸念される歯並びです。

目次

  • すきっ歯になる原因
  • すきっ歯の基本的な治療法
  • すきっ歯の矯正症例
  • 町田市ですきっ歯でお悩みなら

すきっ歯の原因

生まれつき歯の本数が少ない

生まれつき歯の数が少ないと歯が並ぶスペースが余ってしまうため、すきっ歯になりやすくなります。

先天的な歯の小ささ

歯のサイズが生まれ持って小さい矮小歯の場合は、土台となる顎骨のスペースが通常のスペースよりも余るため、歯と歯の間に大きな隙間ができる可能性が高くなります。

上唇小帯による正中離開

上くちびるの裏側中央から歯茎に伸びるスジのことを上唇小帯といいます。前歯の隙間に入り込む付着異常を起こすことにより、すきっ歯になる場合があります。

幼少期の悪癖(舌で前歯を押すなど)

指しゃぶりや舌で歯を押したりするなど、幼少期の悪癖によって歯列が広がり、歯と歯の間に隙間が生じる場合があります。

すきっ歯の基本的な治療法

歯に埋まった過剰歯や上唇小帯の異常が原因の場合は、外科処置を行います。

根本的な原因が解消した後に、矯正治療を開始します。

口腔内の状態にもよりますが、すきっ歯(空隙)は顎骨のスペースが余っている状態ですので、歯を抜くことはほとんどありません。スペースを確保するなどの工程がないため、治療期間の目安は約1年~1年半位と比較的短期間になります。矯正治療後は、歯の後戻りを防止するため、リテーナーを使用して歯の保定を行います。

すきっ歯 矯正症例

すきっ歯症例 抜歯なし

高校生の男性です。上の前歯の凸凹と下の前歯の隙間を気にされて来院されました。分析の結果、抜歯と非抜歯のボーダーラインでしたが、舌の大きさや後戻りのリスクを考慮し抜歯を行わず治療していくことを同意のもと開始しました。

 

年齢・性別 10代男児
治療期間 2年
抜歯の有無 なし
治療費 385,000円(税込)
備考 左上の前歯の補綴物あり
リスク・注意点
・矯正治療後は保定をしなければ後戻りする可能性がある
・歯の移動に伴う痛みを感じる場合がある など

 

町田駅周辺で矯正でお悩みの方は

ふなき矯正歯科 町田クリニックでは、矯正担当医がすきっ歯(空隙)の矯正治療を実施いたします。難しい症例でも矯正歯科認定医がしっかり見極めて治療をご提供いたします。矯正無料相談やセカンドオピニオンも実施しておりますので、お気軽にご相談ください。費用や治療期間についても詳しくご説明いたしますので、町田駅周辺、町田市ですきっ歯(空隙)の矯正治療をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。